金融機関で仲良くなっておくべきキーマンは?|飲食店を多店舗経営しているオーナーのための税理士事務所

蒼馬税理士法人

  • 初回相談無料
  • 0362612985

    受付時間 9:00~19:00 / 定休日 土日祝日

  • メールフォーム

先生の選び方2019

飲食店 多店舗経営のネタ

金融機関で仲良くなっておくべきキーマンは?

融資のネタ 

金融機関で融資に関わってくる人物と言えば「担当者」「渉外担当役席」「貸付担当役席」「支店長」となります。

融資を受ける場合「担当者」が窓口となり稟議書と呼ばれる書類を作成し、「貸付担当役席」がその稟議書から融資に対する判断をし、「支店長」が最終決済を行うことになります。「渉外担当役席」は担当者のフォローを行いますが融資に関して大きな権限を持っていません。

皆さんの中では、担当者のみ面識がある、懇意にしているという方がほとんどなのではないでしょうか?

担当者が優秀な方なら説得力のある稟議書を書けると思いますが、そうでない場合には融資が困難になってしまいます。

そこでキーマンとなるのが「貸付担当役席」です。

貸付担当役席と懇意にしていれば相談内容を直接伝えることも出来るため担当者の能力が低くても融資しやすい稟議書を書けるようにアドバイスしてくれます。

ではどのようにすれば貸付担当役席と仲良くなれるのでしょうか?

実そんなに難しくないんです。

担当者の方に「決算書(月次試算表でも何でも構いません)が出来たのでお持ちしたいのですが、その時に貸付担当役席の方に挨拶とお名刺交換させて欲しいのですが駄目ですか?」と聞く。

だいたい「大丈夫ですよ」と言ってくれます。

「それでは○○さんと貸付担当役席の方の空いている時間を教えてください。お伺いさせていただきます。」とアポイントをとることです。

その後、ご無沙汰してしまうと忘れられてしまうし、会社の状況も分かってもらえないので、こまめに訪問し財務報告することです。

このようにすることで融資をして貰いやすい関係を築くことが出来ると思います。

 

 

ページトップへ戻る