飲食店 多店舗経営のネタ|飲食店を多店舗経営しているオーナーのための税理士事務所

蒼馬税理士法人

  • 初回相談無料
  • 0362612985

    受付時間 9:00~19:00 / 定休日 土日祝日

  • メールフォーム

先生の選び方2019

飲食店 多店舗経営のネタ

2017.11.20

売上アップのネタ

来て欲しいお客さん像を明確に!

お店のコンセプトを決める際の重要な要素のひとつに「どのようなお客さんに来てもらいたいか?」があります。 どの業界でも言える話ですが、ターゲット論です。 少しでもたくさんのお客様に来てもらいたくて、ターゲットは広く設定した方が良いと思っている方が多いです。 分母を見込客、分子を来店客と考えた場合、分母を多くすると分子も多くなるということです! 確率を考えなければ、確かにそうなるでしょう! でも確率は...
続きはこちら

2017.09.21

売上アップのネタ

お店の看板を工夫して新規客を呼び込む!

お店の看板が「店名」だけの表札代わりになっていませんか? 店名が日本語ならまだその店名も読めます。 ところが、イタリア語だったりフランス語だったりすると、店名すら読めません。 しかも洒落た字体で書かれていると尚更です。 そのようなお店にお客様は入っていくと思いますか? お客様の立場から考えると「店名」を見てお店に入るのは常連さんや有名店です。 あなたのお店は常連さんだけで成り立ちますか? 多くのマ...
続きはこちら

2017.07.27

融資のネタ

金融機関に取引先や提携先、従業員などをアピ...

金融機関から融資を受ける際、自社の様々な情報を伝えることと思います。 事業内容はもちろん、設立年月日、所在地、代表者名・・・ これらは登記簿謄本を見れば分かることです。 しかし登記簿謄本には記載されない情報はどうでしょう? 仕入先、販売先、株主、提携している会社、従業員などなど。 当然金融機関としては、これらの情報も知りたいところです。 まずは、これらの情報をしっかり金融機関の担当者に伝えましょう...
続きはこちら

2017.07.01

売上アップのネタ

ワンランク上の価格のメニューの出数を増やす...

2,000円のAワインと4,000円のBワインがあります。 2,000円のAはよく出るのですが、4,000円はBはなかなか注文されません。 4,000円のBワインの出数を増やして単価アップを図りたい。 さてどうしましょう? ここでよく使われる手が「6,000円のCワインをメニューに追加する。」です。 ABCの3つを提示されると、真ん中のBを多くの人が選ぶのはよく知られてた事実です。 そのためでしょ...
続きはこちら

2017.06.19

経営のネタ

経営計画は絵に描いた餅って言うけれど

経営計画を立案しても絵に描いた餅に終わってしまうから意味が無い! このように考えている経営者の方も多いのではないでしょうか? その理由として考えられるのは、恐らく「将来のことは分からないから計画立てても意味が無い」との考え方からではないでしょうか? でもこれって違うのではないでしょうか! 将来分からないのは「売上」なのでは? 毎月発生する人件費、家賃、金利、その他の経費などの固定費は、ある程度予測...
続きはこちら

ページトップへ戻る